松本市で不動産(土地・中古戸建・マンション)の売却を検討されている方にランキング形式でおすすめの業者を紹介します!

旗竿地を売却したい!気になる評価の高さは?

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/10/12

土地を売却する際はその評価が気になるものですが、特殊な形状である旗竿地ではさらに気になることでしょう。この記事では「旗竿地ってそもそもなに?」という疑問にお答えするとともに、売れやすい旗竿地と売れにくい旗竿地の特徴や、評価の出し方について解説します。旗竿地の売却を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

旗竿地とは

旗竿地とは、分譲住宅によく見られる旗状の土地のことです。4分割すると利用効率が下がる土地でよく見られます。

たとえば1辺だけ道路に面している土地を4分割するとき、縦に均等に分割すると1つ1つの土地が細長くなってしまいます。そうすると充分な駐車場が確保できなかったり住宅が細長くなってしまい不便になったりします。

旗竿地は、そうした不便を解消するための形状の土地です。旗の柄の部分が住宅に入る通路になっており、その奥の広い土地に住宅を建てることができます。

旗竿地の特徴

旗竿地は間口が狭いことが特徴です。そのため道路から宅地が見えにくく、プライバシーを守りやすくなります。ただし、旗の柄の部分は公共の通路ではなく私有地です。間違って知らない人が侵入しないために、看板や門を設ける必要があります。しかし、特殊な形状をしているため建築費や解体費が高くなる可能性があります。

旗竿地の住宅建築部分は、道路より少し離れているため、木材の運搬が困難になります。基礎を作るときもミキサー車が入りづらいこともあるでしょう。大きな重機が入らないため、結果として建築費や解体費が高くなる傾向があります。

旗竿地の中でも売れやすいもの・売れにくいものがある

一口に旗竿地といっても、条件はそれぞれ違います。条件によっては評価が高くなり売れやすくなるものもあれば、評価が低くなり売りにくくなるものもあるので注意しましょう。

また、建物の種類によっては再建築不可に該当することもあります。旗竿地を所有している方は、今一度形状や東西南北のどちらに伸びているか確認することをおすすめします。

売れやすい旗竿地の条件

日当たりがよく、出入り口の幅が広い旗竿地は売れやすいです。日当たりがよいと太陽の光を家の中に取り込めるほか、出入り口の幅が広いと戸建て住宅のほかに共同住宅を建てる条件にも合致します。

戸建て住宅の場合、旗の柄部分は建築基準法により2m以上確保する必要があります。しかし、共同住宅はそれよりも広い幅が必要です。出入り口の幅が広いと建築する住宅の種類が選べるため、そのような旗竿地の方が売れやすくなります。

売れにくい旗竿地の条件

駐車スペースがない旗竿地は売れにくくなります。軽自動車であれば駐車できそうなスペースがあっても、ミニバンが止められない場合は売れにくくなります。なぜなら、戸建て住宅を建築する人は子育て世代が中心だからです。

荷物がたっぷり詰めるミニバンはファミリー層に人気が高いため、ミニバンを停めて荷物を運び出せるようなスペースがなければ難しいでしょう。また、間口が狭いと車も通りづらいため、売れにくくなるかもしれません。

旗竿地の評価の出し方は?

旗竿地の評価額の計算方法を解説します。相続税の路線価の評価方法を参考にすると、以下の3つの方法で算出できます。形状によって算出方法が異なるため、土地の形状を把握した上で算出するとよいでしょう。

奥行きのある土地の算出

奥行きのある土地であれば、路線価×面積×奥行価格補正率が評価額の計算式となります。路線価とは主要な道路に面した1㎡あたりのとり価格のことです。国税庁が毎年7~8月に公表します。また、奥行価格補正率とは宅地の奥行距離に応じて定められる補正率のことです。宅地の一面だけが道路に接している宅地に適用されます。

間口が狭い土地の算出

間口が狭い土地は減額の対象です。この場合、評価額は路線価×面積×間口狭小補正率で算出されます。間口狭小補正率とは、間口が狭く使い勝手が悪い宅地の評価額を低くするため、路線価から補正するための割合です。土地区分と間口距離に応じて定められているため、計算したい方は「間口狭小補正率表」を参考にしてください。

不整形地の算出

「かげ地」と呼ばれる想定整形地と比べてかけた部分を指すいい方があります。かげ地がある場合、路線価×面積×不整形地補正率で評価額を算出しましょう。

ただし、旗竿地の評価は複雑なため、正確な金額を知りたい方は専門家に相談することをおすすめします。とくに、不整形地は形がいびつです。土地の辺が直線でない場合は計算方法が複雑になるため、個人での算出は困難でしょう。評価額が気になるのであれば、専門家に相談・算出してもらいましょう。

まとめ

旗竿地についての解説から売れる・売れない旗竿地の特徴、評価額の算出方法を解説しました。旗竿地とは旗のような形状をしている土地です。もしこれから旗竿地の売却を考えているのであれば、評価額を算出する以外にも解体費などがどれくらいかかるのかも調べておくことをおすすめします。

旗竿地は条件によっては売れにくい土地にも売れやすい土地にもなり得ます。きちんとした評価額を知りたい方や売れるかどうか心配な方は、不動産会社に相談するとよいでしょう。

【松本市】不動産売却・査定会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名サンプロ不動産株式会社株式会社カネト小原株式会社セイブ東邦商事株式会社株式会社ハウスドゥ
特徴秘密厳守・無料相談・迅速査定の3つで売却をサポート長年の実績があり相談しやすい!地域密着型不動産会社物件情報数は松本市NO.1 !安心して相談できる経験豊富なスタッフがいるから安心!空き家問題も解決地域密着のスピードと全国ネットワークの販売網
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

記事一覧