松本市で不動産(土地・中古戸建・マンション)の売却を検討されている方にランキング形式でおすすめの業者を紹介します!

不動産売却の専任媒介契約とは?メリットを解説

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/02/22

不動産を売却するのは様々な手続きも必要になりますし、相手を見つけて相場を正しく把握して売却するのは素人には難しいです。そのため不動産業者と媒介契約を結んで、売却するのが一般的です。その中で専任媒介契約という媒介契約を使って、売りに出す方法は特有のメリットがあるので、理解した上で契約をするべきです。

専任媒介契約の特徴と他との違い

不動産売却の為の媒介契約には主に3つあって専任媒介契約はそのうちの一つです。明らかに違いがあるのは一般媒介契約で、専任と違って複数の不動産会社と契約できるうえに売主が途中で買主を見つけた場合は、違約金等は発生しません。その代わり不動産会社から売却に関する進捗の報告義務がないです。

松本市のようにある程度住民も多くて、経済活動も活発で法人の不動産需要も高い地域では一般媒介契約で売却を目指す人も珍しくありません。 専任媒介契約の場合は一般媒介契約と違って同時に複数の業者と契約する事ができずに、契約したら1社に任せる事が大きな特徴です。契約後に自分で買い手を探してはいけないわけではありませんが、もし自分で買い手を見つけた場合は違約金はかからず、契約を履行するために必要になった費用は負担しないといけません。

この専任の場合は一般媒介契約と違って、販売の進捗状況を不動産会社が報告する義務があります。そのため売り主が確実に売却状況を知る事ができるのは、一般契約にない大きなメリットです。報告の頻度は2週間に1回以上になっているので、ある程度の間隔で報告を受けられます。さらにレインズという不動産流通機構が運営している不動産情報交換の為のネットワークシステムにも、登録してもらえます。これによって多くの不動産購入希望者に物件の存在を知ってもらえます。

専属専任媒介契約との違いはどこにあるのか

専任媒介契約は一般媒介契約との違いは分かりやすくても、専属媒介契約との違いが分かりにくいです。この二つの契約の違いは契約後に売り主が買い手を見つけても勝手に売却する事ができなくて、自分で見つけた買い手に売る時は費用が発生するという点です。専任の場合は違約金が発生せずに、契約の履行に必要になった費用を負担するだけで良いのに対して、専属専任媒介契約の場合は違約金が発生します。

この点を比べると専属専任媒介契約よりは専任の方が途中で自分で見つけた買い手に売る時のハードルが低いと言えます。ただし契約する時は1社としか契約できないという点はどちらも同じです。

不動産会社側は一般媒介契約以外では、売り主へ販売の進捗状況を報告する義務があります。専属専任と専任では専属専任が1週間に1回以上に対して、専任契約だと2週間に1回です。専任契約だと契約後の自由度が少し高い分だけ、業者側の報告義務が少しだけ緩い傾向があります。

この2つの契約形態ではレインズという不動産流通機構が運営している不動産情報交換のネットワークへの登録がされますが、これも専属専任契約が5日以内に対して専任契約だと7日以内になっています。ただしこれはそれ以上に早く登録されるのはいけないという事ではないので、不動産会社のレスポンスの早さによっては、早く登録されて市場で物件を多くの人に認識してもらえます。

専任媒介契約に向いているケース

専任媒介契約は契約後の制約が一般媒介契約と比べると強いですが、その分だけ不動産会社による手厚いサポートを受けて売却に向けて買い手を探せます。松本市のようなある程度物件の需要がある地域でも、素人が一から買い手を見つけるのは難しいので、売るあてがない人には向いていると言えます。

専属専任媒介契約と迷う事も多いとは思いますが、松本市のように不動産の流動性がある程度ある地域では、途中で売り手が見つかる可能性もあるので、専任媒介契約は勝手が良いです。 専任契約ならば専属専任と比べて自由度が残されていながらも、不動産業者からの報告も向けられます。

さらに不動産流通機構が運営する不動産情報交換のためのコンピューターネットワークシステムにも登録されるので、売るのを急いでいる人にも最適です。この不動産情報共有ネットワークであるレインズを利用できるのは、非常に有利になるのでこれだけでも専任契約を選ぶ理由になります。

レインズは全国で東日本、中部、近畿、西日本の4つのエリアに分かれていて、松本市で不動産売却を考えている場合でも県を跨いで広域に物件情報を開示できます。これによって本来見つけにくかった遠方の購入希望者にも不動産を知って貰えるので、大きなメリットになります。契約で定められている場合は業者が登録をするのが義務になるので、確実に登録されて証明書も発行されます。

 

専任媒介契約による不動産売却が向いている人は急いで不動産売却をしたい人や、売るあてがまったくない人です。一般媒介契約と比べて制約がかかる部分もありますが、それ以上に不動産会社からのサポートやレインズへの登録が大きなメリットです。

【松本市】不動産売却・査定会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名サンプロ不動産株式会社株式会社カネト小原株式会社セイブ東邦商事株式会社株式会社ハウスドゥ
特徴秘密厳守・無料相談・迅速査定の3つで売却をサポート長年の実績があり相談しやすい!地域密着型不動産会社物件情報数は松本市NO.1 !安心して相談できる経験豊富なスタッフがいるから安心!空き家問題も解決地域密着のスピードと全国ネットワークの販売網
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索